南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地震

 昨日地震があった。南京ではビルの上部にいた人たちが揺れを感じて大騒ぎになったらしいと聞いたが、私は路上で歩行中だったからか全く何も感じなかった。北京や上海、重慶なども揺れたと聞いたが、四川省の被害がもっとも大きいらしい。犠牲者が多く出て政府が救援を急いでいるという。私には特に気になるニュースである。
 というのも、実は先週、私は四川省のその辺りにいた。5月の連休を利用して成都へ飛び、大姑娘山(5025m)を登ってきた。そこはアバ族のエリアであり、中国人登山者もいるが、まだまだマスツーリズムに侵食されていない美しい場所である。日本の登山隊が1980年代に4峰を登頂したことが縁となって、日本人が訪れるようになったと聞いた。久しぶりの雪山を堪能し、美しい牧草地を歩き、ほころびかけた山の花に目を楽しませた休日となった。自然の中に入るとなぜか心が元気になる。山小屋の炉辺に座って炎を眺めているだけで幸せな気分になれる。簡素な食事も美味しく感じる。不思議なことだ。
 さて、このことを知ったあるアメリカ人から「あなたはラッキーだ」と言われた。地震に遭わなかったのでラッキーといえるかもしれないが、ことはそのほかのことにも及び「あなたは自分がラッキーな人間であることを知らない」、「ラッキーなのにネガティブにしか物事を見ない」とまで言われた。だがそう言う当人は私からみれば超ラッキーな人間で、恵まれた環境に育ち、全て欲しい物はラクに手に入れ、好きな仕事で高給を稼ぎ、虫歯一つない健康な身体で遊び放題、物質的にも時間的にも実に豊かで自由度の高い人生を送っている。「あなたがポジティブと言うのは簡単だよね」と言いかけて、やめた。地球上の50%の人間が飢えている現状を考えれば私は確かにラッキーだ。ただ、例えば私は多くの日本人が持っているもの――家、車、ケイタイ、Ipod、夫、子ども、保険などなど――を一切持たず、この身ひとつでサバイバルしていることも確かで、相対的にラッキーといえるかどうかは疑問である。
 世の中は実に不公平で、ラッキーな人もラッキーじゃない人もいる。自分でラッキーを作るとかなんとかいう人もいて、それをポジティブな姿勢だと賞賛する人もいるけど、世界にはそんなラッキー論をぶっとばすような悲惨な状況に生きている人も沢山いる。ラッキーか否かなんて話すのは意味がないと思う。それよりなにより全ての人が等しくラッキーだったらいいのになあ。え?それじゃラッキーとは言えない?

スポンサーサイト

PageTop

格差

 新聞によれば南京の労働者の平均月給は約5000元だと言う。同僚の一人は信じられないとこぼす。彼の給料は月3000元。彼は40歳前半だろうか、助教授である。彼の娘の通う中学校の学費は年9000元。給料の3か月分に当たる。これだけで生活していくのは厳しい。だから多くの先生は副収入を得ることに忙しくなる。彼の教え子の一人は2年前にP&Gに就職したが、今では月3万元、彼の10倍の給料をもらっている。彼の知人の実業家はボーナスの税金だけで10万元払っており、会社の株だけでも軽く5000万元の収入を得ているはずだという。一方で、私の宿舎の服務員は田舎から出てきたばかりの若い女の子が多いが、彼女たちの月収は750元。寝床はあてがわれるにしても、これで南京という都会で生きていくのは難しい。ちなみに私は部屋の電気代だけでも月100元前後支払っている。南京の物価は高く、しかも刻々と物の値段が上がっているので私でさえついていけない。先日、或る会議で勤続20年の先生が「もうやめる。生活できない。」と怒り出したことがあった。彼女は学生からの評判もよい、親切で温和な人物だが、もう我慢できないといった感じであった。特に主任に向って怒っていたのだと聞いたが、ここが難しいところで、主任などの権力ある役付きになると恩恵が多く、収入も格段に違うらしい。副学長クラスなどだと1時間1万元の講義料が出るという。共産主義の中国だが、現実には非常に格差の激しい国である。南京は比較的仕事の得られる都市なので人口の流入が激しいのだが、その南京の中でさえこの給料差。これが中国全土、内陸部まで含めたら、気が遠くなるほどの差があるに違いない。
 *参考 本日のレート 100.00 CNY = 1,466.53 JPY (私のように大雑把な人間は1元15円で計算すべし)

PageTop

ヨガ

 今日は国際女性デー(International Women's Day)。そのお陰で今週はヨガのクラスが2回無料になった。ヨガと女性がどう関係しているのかわからないが、鈍った身体にムチ打つべく私はいそいそと参加した。みるのも怖い二の腕のたるみ。バイバイと手を振ると肉が揺れてしまう。ウエストのあたりも要注意。いつもローウェストのパンツをはいているので脂肪がついても気づきにくい。中年になったら腹筋と(三頭筋の)腕立ては必須である。久しぶりにクラスにでるとつらい。脚を広げようとするだけで痛い。私の母はヨガのインストラクターだが、その娘の身体は血を分けた母娘とは思えぬほど硬いのであった。ヨガを侮るなかれ。ストレッチの痛みだけでは終わらない。終わった後は筋肉痛が待っている。

PageTop

清真食堂

 同じ学校なら、学食はどこでも同じかと思うかもしれないが、実は違う。郊外の分校の方が全般に美味しい。ケーキもスポンジがしっとりしていて、ずっと美味しい。とりわけ私が気に入っているのが「穆斯林」―すなわちムスリム専用食堂。広い中国にはイスラム教徒が多い地区もあり、そこから来ている学生のために、ムスリム用の学食が用意されている。そこの窓口では、漢民族の学生は拒否されてしまう。私も初めて行った時、たぶん拒否されたのだが、中国語がわからなくて何を言っているのか理解できなかったため、食堂の人は「ああ、外国人ね。ムスリムには見えないけど、ま、いいか。」と考えたのではないかと思う。味付けが気に入ったので、先学期はそれ以来そこでよく昼ごはんを食べていたのだが、今学期は午前の授業しかないので食べるチャンスがないのが残念だ。本校の学食にもムスリム用があるのだが、不幸なことに味が落ちるのであまり魅力を感じない。ただしこちらは漢民族の学生もOK。ところが豚を食べる漢民族と同じ箸は使えないということで、ムスリムはムスリム専用の箸が用意されているのだそうだ。(もちろん箸はすべて洗って消毒されているのですが…)

PageTop

旅茶碗


2008 China 2 Feb 004


 これは旅行用ティーセット。雲南省の麗江で買った。おままごとの道具ようだが、きちんとした薄手の陶器である。
 中国のお茶の入れ方は面白い。初めに蓋付きの茶碗に茶葉を入れ、湯を注ぐ。蓋をずらして、その湯をこぼす。一杯目の茶は捨ててしまう。二杯目の茶から茶瓶に移し、小籠包のような小さな茶碗に注ぐ。一口で飲みきるサイズ。椀子蕎麦のように、何度もお代わりしながら飲む。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。