南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

予防接種

こちらに来て、私が強く後悔したのは、予防接種のことである。
勧められるままに、大枚はたいて破傷風、肝炎Aを2回、Bを1回日本で済ませてきた。南京に到着後、時期が来たので、肝炎Bの2回目を江蘇省の検疫所に受けに行ってみて驚いた。

施設は新しくキレイで、町の中心にあるため歩いても行ける距離。
予約も健康保険証もいらず、人もほとんどいないので待たされることもない。
狂犬病やインフルエンザなど、各種予防接種がすぐ受けられる状態になっている。

受付で問診代を払い、医者に会って受けたい予防接種について相談すると、すぐ処方箋を書いてくれる。それを持って受付でワクチン代を払ってから、隣のコーナーに行くと冷蔵庫からワクチンを出してくれる。ワクチンと共に又医者のところに戻ると、ナースが新しい注射器にセットしてすぐ打ってくれる。所要時間10分程度。ちなみにこちらでは肝炎Bは乙と表示されているが、回数や内容は日本と同じで、施設も衛生的で信頼できる。しかも、なぜか注射が全く痛くなかったのには感動した。

ショッキングなのはその料金である。
問診代1元とワクチン代17.6元を合わせて、なんと18.6元(約¥279)!
日本では、施設によって多少差はあるが、肝炎Bは1回¥8400で、約30倍もの料金がかかる。南京では往復のタクシー代を入れても約550円。そうと知っていれば!

ここには日本政府の感染症予防に対する姿勢が非常によく現れている。特に私と同世代の日本人はこうした病気に対して免疫がないにもかかわらず、無策のままほったらかし状態で、自ら身を守るべく予防接種を受けに行けば中国の30倍の料金をとられる。
ちなみにオランダなどでは、こうした基本的なものは勿論、黄熱病やマラリアなど特殊な地域に必要な予防医薬品でもすべて健康保険が適用され、本人は1割程度の負担で済む。

人の出入りが激しい現代にあって、感染症は当人のみならず、すべての国民に影響するのだから、日本ももっと対策をとるべきだと思いませんか?

スポンサーサイト

PageTop

牛肉拉面


今日のお昼は牛肉拉面。3元(¥45)。麺は調理場で打っており、器用にのばして作っている。見かけと違ってこってり。牛肉の臭みを香菜が消している。実に濃厚な内陸のお味。
これを食べたあとは知的活動よりも肉体労働が似合う。


20060924214017.jpg

PageTop

Booming country, flocking people

What’s it like to live in one of the booming economies in the world?
Let me put it this way, it’s like you can hear it booming in your ears.
You are surrounded by noise more or less most of the time.
Sometimes you may suffer from construction noises even at midnight.
They don’t care if it is Saturday or Sunday. They work 24 hours a day.
They are relentless. Obviously there is no noise abatement regulation at all.
Now I know how they have built many modern buildings so quickly.
Rome was not built in a day but new China can be built in a night.


My apartment is not so bad noise-wise.
So I sleep well every night. Sometimes I sleep too well.
I am always afraid to over sleep especially on Monday and Friday.
Because on those days I have to get on the 7 AM shuttle bus to the satellite campus.
This means I have to get out of my apartment by 640 AM sharp.
It’s a 40min ride from here to there and the next shuttle bus comes 1 hour later.
So basically you can’t miss the bus.
When the bus arrives people, who are teachers, flock around the door and push to get on. Wow. You should not hesitate to do the same. Don’t worry, nobody thinks you are rude or ill-mannered if you do that. When in China, do as the Chinese do. Then you can get on the bus happily just like others.

PageTop

夫子廟


夫子廟 Fuzi Miao 


夫子廟



夫子廟とは孔子廟のことで、この辺りは当時はともかく、現在は浅草とでもいった雰囲気の繁華街になっているが、その奥に科挙の会場だった「江南貢院」の一部が残ってる。


帝国的考試礼堂 Imperial Examination Hall


科挙は県や府といったレベルを勝ち抜いてきた秀才たちが、ここにある小部屋(0.5坪程)に食料、寝具等すべて持ち込んで何日にもわたって試験を受ける過酷な競争。厳しい身体検査を受けて入場し、終了まで部屋から一切出られない。カンニングがバレたら5人1組の全員が失格。幼少から英才教育を受けた者から苦節何十年、60歳を超えて合格する者まであったという。ここは当時規模最大の会場で、号舎の数は20,644室もあった。


科挙


その難しい科挙試験に合格したのが阿倍
仲麻呂。「朝衡」の名で官位を重ね、ベトナ
ムへ行ったりして広く活躍。35年経って、
帰国船に乗ったら難破して果たせず。李白
や王維とも親交があって、難破で彼が死ん
だと思った李白は仲麻呂の死を悼んだ詩を
詠んでいる。
ちなみに同じ船団中、別の船に乗っていた
鑑真は失明しながらも6度目の正直で来日
を果たした。発意してから11年目、67歳の
時のことだという。その後約10年間日本で
戒律を広め、唐招提寺を創建した4年後に
亡くなっている。



PageTop

総統府

総統府 Presidential Palace


1912年に孫文が臨時大総統に就任したときの総統府。後に蒋介石も中華民国の総統に就任したものの、その翌年には共産軍との内戦に破れ、台湾に亡命。激動の時代の展示資料が沢山ある。当時の執務室や会議室などの他、防空壕なども見学できる。


総統府


見学後のご案内:
更に知識を深めたい方には、斜め前に現代的な建物の南京図書館があります。
買物したい方には、広場の向こう側にCarrefour(地下)の入り口があります。
一息つきたい方には、総統府のすぐ隣にStarbucksがあります。

PageTop

鶏鳴寺

鶏鳴寺 Jiming Si (Cock's Crow Temple)

鶏鳴寺


玄武湖の南にある尼寺。ベジタリアン料理で有名なレストラン併設。内容は豆腐料理中心。ここの薬師仏塔は天気がよければ是非登るべし。さほど高い塔ではないのに、すばらしい眺め。玄武湖、紫金山、城壁、南京駅、高層ビル群など、南京市が360度見渡せる。


この寺で心得ておくべきなのはトイレ。タイル張りで清潔ながら古典的なタイプで、敷居はあるがドアも便器もなく、足元に水の流れる溝があるだけ。
利用者には一番前のボックスに入ることをおススメします。理由は説明不要ですね。

PageTop

明孝陵

明孝陵 Imperial Tombs of the Ming DynastiesMing Xiaoling )

 
明孝陵


明孝陵は明の太祖朱元璋(洪武帝)と馬后妃の陵墓。2003年ユネスコの世界文化遺産に登録された。地下に地下宮殿があるそうだが、入り口がなく、見かけはだたの丘、小山。今も発掘されておらず、謎のままの状態。明孝陵の工事に当たった者は秘密保持のため皆殺されたという。陵墓全体の配置が北斗七星の柄杓型になっているところも神秘的。


明孝陵2


   参道の動物の石像は明代のもの。左右に6種12対の石像が
 配列されている。獅子、ラクダ、象、麒麟、馬
等の石獣が12
 対、石人が4対並ぶ。この辺りは、春は梅の花、秋は紅葉で樹
 木が鮮やかな色をみせるので、季節を選んで訪れるのもよし。

PageTop

中山陵

南京は今、金木犀の香りにつつまれて、実にさわやかな陽気である。
土曜日に市内観光に行ったので、今週は観光ポイントの紹介をしたい。


中山陵 Sun Yat-Sen Mausoleum 


中山陵1


三民主義を唱えた孫文の巨大な陵墓。これだけの大きな墓が作られたのは彼が最後だとか。遺体が安置されている祭堂まで300段以上の階段を上る。上から緑豊かな陵園を見下ろすのは爽快な気分。白い壁に青い屋根瓦がモダンな配色。伝統的なデザインと近代的なシンプルさが合わさった建築物。
午前10時を過ぎると大変混むので、朝早めに訪れるのがベター。

PageTop

云中食品店

Skyways Bakery & Deli こと云中食品店(漢口西路3-6号)は、私 pandacola の御用達。
今日は朝食用の食パン、クロワッサン、クッキー、マフィンを購入、計24元(¥360)。
ここはまともなベーカリーで、バゲット、ペストリー、テーブルロールといったパンはもちろん、ナチュラルチーズや手作りチョコレート、ケーキ、クッキーなども売っている。何でも安心してオーダーできるレベルで、ブラウニー(10元)もStarbucks よりずっと美味しい。店内のカフェコーナーが欧米人のオアシス化してしまうのも無理はない。私のように、朝、美味しいパンがあると嬉しい人はここへ行くべし。

新街口や湖南路に行くと BreadTalk(面包新語)というベーカリーがあるが、ここは言わば東急ストアの一角によくある「サンジェルマン」といった感じ。欧風パンより、日本風の柔らかいタイプのパンが好みの人に向いている。日本でよく見かけるような惣菜パンや菓子パンがあれこれ並んでいる。中には人の顔した「南京你好」なるパンがあって、これには下に小さく「An Pan man」と書き添えられていた。

PageTop

先鋒書店

先鋒書店(広州路173号)へ行った。
駐車場の入り口のような構えだが、ここは南京の顔にも選ばれた有名な書店だと聞いた。
中に入るとシンプルながら、粋な内装。簡素でモダン。ギャラリーのような雰囲気だ。
スロープを上がっていくと奥に深い店内にニューエイジっぽい音楽が静かに流れ、中央には椅子と机が何組か置かれたエリアがある。ブッククラブか何かのグループが静かに討議している姿がみられる。知的な空気が漂う空間だ。


先鋒書店


右手の壁には世界中の有名無名の人の写真やイラストが一面に掛けられ、インテリアの大きな要素になっている。突き当りには大きな十字架があるが、それは宗教的ではなく、アートな印象。ここには経済、政治、思想、建築、芸術、文学など幅広い分野の本が並べられており、学術書も多いようだ。
少なくとも私の住んでいた横浜近辺ではちょっと見られないようなオシャレな書店で、一見の価値あり。


 

PageTop

PANDAに耳を傾けて

先日、思い切ってPANDAという中国ブランドのCDプレーヤーを288元(¥4320)で購入。
そのスーパーの9周年セール販売促進品で、私が買ったのは最後の一個。
会員カードが必要なアイテムだったが、店員は自分のカードを流用して処理してくれた。


ところが、家に帰って箱を開けたら接続コードが入っていなくて使えない。
さすが中国、備品もチェックすべきだったのか。
買う前に箱を開けて中身と一致していることまでは確かめたが、そこまでは見なかった。
こういうときは即、行動あるのみ。
すぐに店にもどってコードがなかったと言うと、店員は目の前の見本のプレーヤーからコードを抜いて渡してくれ、身振りで「鞄にいれて隠して店を出なさい」と言ってもたせてくれた。
こういうところがいいところ。シンプルに現実的な対応をしてくれる。


その夜から熊猫印のプレーヤーは日々活躍中である。めでたし、めでたし。

PageTop

Dear my sweet non Japanese readers

One week has past since I arrived here.
I've never lived abroad before but now I'm settling down in China amazingly well.
Nanjing is one of the famous old cities and now it has become a large and modern one as well. The standard of living is getting to closer to Japan’s but the cost of living is roughly from one fifth to one half depending on goods. 


The apartment where I live is fully furnished, is spacious and enough comfortable.
The food is fine and quite reasonable if you are not too fussy about it.
The people here are very kind and friendly more than I had expected.
The job seems lovely but it would be better if I know more about what is expected of me.
So far, so good. It’s unfortunate that I have to go back to Japan after two years.


Well, China is not quite new to me.
I backpacked here for 5 weeks with my friends in 1985.
I know that was a long time ago and I can’t believe how quickly time’s gone.
China was a very different world then. 
There were few cars, few tall buildings. Even in Beijing. There were billions of bicyclers and tons of dust. People stared at you and only said ‘ meiyou’ ( means not have ) most  every time. Traveling in China on your own was a bit of a challenging job back then, especially for one who can’t speak Chinese but how fascinating it was!

Of course I was impressed by the Great Wall and many other historical monuments. The things I enjoyed most were the trivial things such as their way of living or behavior. I was amused at how people handle running noses without Kleenex, how people drink tea without a strainer or how people make a tacky pose when it comes to taking photo, etc.
Now I will find out and see for myself the “new” China. It should be exciting.

PageTop

毛豆白干肉絲

現在夕食は近所の小さな食堂「正金美食」へ毎日通っている。おかげですっかり顔なじみ。
店の男の子が「もう注文したか?」「旨いか?」などとゼスチャーで聞いてくる。かわいい。
ご飯の上に炒め物をのせた一皿(いわば丼物)に超薄味のスープがついた定食が5~8元(¥75~120)。大枚はたいて肝炎Aの予防接種をしてきたが、今時の中国はこういう店でも使い捨ての割り箸で衛生的。壁に貼ってあるメニューをにらんで指差し注文。回鍋肉 青椒肉絲 魚香茄子 土豆肉片 白菜牛肉 等、今まで頼んだものは全て完食。特に毛豆白干肉絲(枝豆、豆腐、豚肉の炒め物)は美味しかった。

帰りがけにたいていスーパーに寄り牛乳などを買う。店内には体重計が置いてあるが真実を知るのが怖くてのれない。それから果物屋にも寄って梨や桃を1つか2つ買う。ここも顔なじみで、ゆっくり値段を言ってくれる。シャワーを浴びてさっぱりした後TVを見ながらデザートをいただく。満足。明日は何を食べようか、楽しみ。

PageTop

自分に負けっぱなし

ヨガマットを手に入れた。薦めに従い、台湾製のもの(easyoga)を選択。
柔らかい抹茶色で、yogaworks などのものに劣らない高品質。160元。(約¥2400)
中国製だと半値で、デパートのナイキのものなどは日本と同じ位の値段。
これでストレッチとプッシュアップくらいはできる環境になった。
あとはジムの**コーチの「自分に負けないで!」の声があれば…。

ちなみに昨日のおやつは南京のスターバックスのチョコレートブラウニー。12元。
甘さ控えめなのはいいが、食感はまるでチョコレートファッジ。ねっとりしている。
アメリカ人向き。今度はチョコレートマフィンにしてみよう。
新街口の新華書店の並びに輸入食料品店があり、欧米や日本の菓子・食材が沢山並んでいる。私が日本でよく買っていたチリのワインもスイスのミューズリーもアメリカのパスタソースもある。日本物も種類が豊富で、ククレカレーやわさび、つゆのもと、トンカツソース等なんでもござれ。これじゃあ、痩せる心配はないよねえ…。

PageTop

学食いろは

今日のクラスは17人。雰囲気はやや違うが、やはり親切で、感じがよい。
「センセイ、オハヨーゴザイマス!」とそろって挨拶が返ってくる。

いろはうたを紹介したが、解説しようとするとどうしても抹香臭くなってしまう。
煩悩あふれる世俗的な私が話すこと自体「あやしうこそものぐるほしけれ」。
これまたわかったかわかってないかよくわからないが、ともかく終了。ホッ。

授業の後、学生に学食に連れて行ってもらう。
まだ工作証が出来ていないので自分だけでは食べられない。
学食は巨大で地下と地上階に合計四つあり、理解を超えるメニューの数がある。値段は外の食堂よりやや安い。果物は外より少し高いとか。セルフサービスだが、後片付けは服務員がやってくれる。お昼は混んでいるので、座席取りが最重要課題。
お腹一杯。眠くなってきた。

PageTop

ミッション開始

朝6時40分に宿舎を出て、バス乗り場へ向う。10分ほど歩く。
途中、広場という広場では太極拳らしきものをやっている。でもなぜか皆年配の方ばかり。
7時ぴったりの専用バスに乗って、郊外の学校へ。乗り遅れようものなら大変。
南京長江大橋を渡って、直行でも40分。ローカルバスなら1時間半かかる距離。
学校に着くと、豆乳と肉まん+野菜まんのセットが配給される。ウレシイ。
「組長」が部屋へ案内してくれると言われて、ヤクザが来たら困るなあと思っていたら「班長」でした。よかった、よかった。


8時からいよいよ授業開始。4時間連続で12時まで。生徒は13人。親切で、感じがよい。
「先生の発音はキレイ」と言ってくれる気遣い。でも私も一応「ネイティブ」ですから…。
日本人だからといって、日本語をうまく教えられるわけではない。試行錯誤が続く予感。
わかったかわかってないかよくわからないが、初めての授業はともかく終了。
12時15分発のバスに乗り、帰りは30分で戻った。ふぅ。

PageTop

ブラウニーが終わって

出発前に妹が持たせてくれたWITTARMER(ヴィタメール)のブラウニー。濃厚なわりに食感は軽く、ブラウニー好きにはおススメ。毎朝たっぷりのカフェオレで美味しくいただいていましたが、今朝終了。少しずつ南京の食生活へシフト。


まず、水。ここの水道水は特に問題ないが、毎日沢山飲み続けるので、水ボトル器を設置した。18.9リットルのミネラルウォーターボトル5個分込みで168元(約¥2520)。後は1ボトル8元(約¥120)で浄水を、14元(約¥210)でミネラルウォーターを補充してくれる。ボトルからするとコカコーラの会社のもの。湯も出るので便利。


日本からもってきたカスピ海ヨーグルトの種は南京の牛乳にも適応。気温が高いわりになかなか固まらなかったので、だめかなあと思ったけど、無事成功。ちょっと嬉しくなった。


現在、夜はカルカデ(ハイビスカス・ティ)を淹れて飲んでいる。
エジプトで大量に買って持ち帰ったもので、鉄分、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルや繊維、クエン酸が多く含まれているとのこと。カルカデは古代エジプトの3000~4000年の歴史を有する植物で、かのクレオパトラも口にし、これが彼女の美の秘訣であったとか。香りも酸味もほとんどないが、キレイなマゼンダ(ピンク色)をしている。ちなみに、ハイビスカスの語源は、古代エジプトの美の女神ヒビスだといわれている。
え?飲めば美しくなれるとは限らない?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。