南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

METRO

週末、メトロ(宁溧路288号)というスーパーマーケットに行った。
郊外にある巨大なスーパーで、店内は天井が高く、まるで倉庫のよう。店員はブルトーザーのようなリフターで商品の在庫を3階相当の高さの棚まで積み上げている。大きなカート押して広い通路を歩いているとアメリカで買物をしている気分である。強いて言えば、入り口前で新鮮な鶏肉、つまり生きている鶏を売っているところが中国っぽい。


ここでは、家電、衣服、健康器具から食料品まで一通り何でも揃う。
輸入食料品も多く、日本の食材もある。私はここで、南京で初めてインスタントの生味噌汁のパックを発見した。現在はクリスマス用品が沢山置いてあり、知人はサンタのキャンドルなどを買っていた。私はスモークサーモンとクリームチーズ、チリやフランスのワインなどを買った。ベーグルが見つからなかったのが残念である。私たちは所持金ぎりぎり、重くて持ちきれないほど買い込んで帰宅した。ショッピングは楽しい。


メトロへのご案内
1)会員証(無料)を作る必要があるので、パスポートを持参すること。
(上海のメトロは条件があったり、小売はしなかったりと制限があるらしいが、南京は大丈夫。)

2)ビニール袋はくれないので(有料)買物袋を持参すること。
(これは他の店でもやってほしい。普通のスーパーでは、店員が断る間もなく品物をビニール袋に入れてくれるので、あっという間に家中ビニール袋の山ができる。)
3)ちなみに近くにはOBIというホームデポもある。時間はたっぷりとって行くべし。

スポンサーサイト

PageTop

Yellow Mountain

I went to Huang Shan (Yellow Mountain) with my friend on the weekend. There are many rock mountains with pine trees. Very unique and very Chinese. It’s worth to visit even you need to climb a lot of steps, and the cable car helps. The views are absolutely amazing. Especially in the early morning, you can see many jagged peaks in the sea of clouds. The sights are spectacular and you feel as if you are in a fantasy world.


142.jpg


We went there on a Chinese group tour and found out it’s quite noisy.
People have lots of energy and need way to let off steam just like teenage boys and girls.  That’s why they always yell and shout when they talk, I guess. They talk loud always so the guides must use microphones for letting them know who the guide is. Just imagine there are many groups of loud people lead by guides with loudspeakers.

Sound pollution by human beings. You’ll face it when you come to China.
This can happen not only in a group tour to Yellow Mountain but also any kind of place here. It’s overwhelming for you sometimes but people here never mind it. You would soon realize this is too demanding a circumstance and some may curse involuntary. Then you’d get worry about yourself if you might become deaf or mental. Well, it’s a little bit tough but don’t worry too much as nobody died from that, so you will be alright.



139.jpg



Nevertheless, I must say that a Chinese tour has a big merit.
The cost effectiveness is fantastic. Only 700 yuan covers for transportation (bus) from/to Nanjing, 2 nights accommodations at a 3 star hotel, and entrance ticket to the mountain ( 200 yuan ). With this amount of money, you can’t stay even for one night at a decent hotel on the Mountain if you go on your own. 

Here are tips for how to survive a Chinese tour. Bring these things.
1) Extremely good earplugs. Super-effective hyper-powerful stuff.  
2) Aero pillow, small cushion and whatever gives you any comfort during an uncomfortable bus ride.
3) A lot of chocolates. (Why? You need comfort food when you get weary from the noise.)


200.jpg



192.jpg

PageTop

マッサージ

知人に連れられてマッサージに行った。
彼女は大の御ひいきで、知り合いを次々勧誘して通っている。まさに病みつき。でも、実際に試してみるとその気持ちがよくわかる。

私が試したのは足裏マッサージ。漢方薬の入った湯で足浴した後、肩から背中、頭のマッサージ。それから甘い香りのするオイルを使って、念入に足のマッサージに入る。トレーニングされたスタッフが力強く黙々と揉みほぐしてくれる。あー、うー、うめいているうちに、あっという間に1時間過ぎてしまう。スゴーク気持ちよい。


各種マッサージの他、針灸などもやっている。料金は1時間45元(¥675)で、お得な回数券もある。(380元/10回、700元/20回、1000元/30回)
指力推拿足療中心(漢口路48号) TEL 3201204
南京には沢山マッサージの店があって、他にも評判のよいところがいくつかある。こちらに来たら是非試してみるべし。

PageTop

ATM

ATMでお金を下ろそうとしたら、カードを飲み込まれてしまった。
どのボタンを押しても無反応。近くの守衛に見てもらったが、やっぱり無反応。朝早いので銀行は開いていない。どうしよう。その日は午前中一杯郊外の学校で授業をしなければならなかったので、仕方なくそのままバスに乗った。

学校について、同僚に事情を話すと、「大丈夫ですよ。私はカードを取り忘れたまま出てきてしまったことがあります。」と暢気な答え。学生に聞くと彼らも同じように「大丈夫です。有人の銀行窓口にきっとあります。」と暢気な答え。彼らの暢気が伝染したのか、気がつくと、私もすっかりそのことを忘れて授業をしていた。昼過ぎに銀行に行くと、カードは無事保管されていて、すぐに返してもらえた。

次の日またATMへ行った。お金を下ろそうとすると、今度は他人のカードが出てきた。
前の人が忘れたらしい。カードには名前も書いていない。夜遅かったので銀行は開いていない。どうしよう。そのまま置いてくるわけにもいかず、仕方なく宿舎に持ち帰った。受付の女性に事情を話して、翌日銀行へ戻してくれるように頼んだ。

知人にこの話をしたら「あなたと一緒にATMへ行かないことにする」と言われた。賢明である。

PageTop

宏村

Hong cun / an Ox-like Ancient Village

20061113211359.jpg


安徽省南部の古村落、宏村へ行った。明清代から残る古民家群の一つで、2000年に世界文化遺産に登録されている。ここには時の止まったような空間が広がっている。細い路地と水路が走る村落の中は、なんとも言えない情感があって非常に美しい。村人は小柄な身体つきで、素朴な雰囲気が残っている。美大生だろうか、多くの学生たちがスケッチをしている。


20061113211327.jpg


特にこの村はその形から「牛型村落」と呼ばれている。村の真ん中にある「月沼」と呼ばれるこの池は牛の「胃袋」にあたる。


20061113211237.jpg


所々で売られているゴマのついた焼餅がとても美味しいので、お試しあれ。

PageTop

ナイロビ

南京にはいくつかフィットネスクラブがある。
今日は地下鉄で2駅の所にあるジムを見学した。さほど大きくはないが、マシンは結構充実していて、十分なレベル。少なくとも***山下町店に比べれば、マシンの種類も豊富で新しい。サウナやカフェエリアもあり、メインスタジオの他、ヨガルーム、バイクルームなどがある。

プログラムをみるとラテン、ベリーダンス、バレー、ピラテス、ヨガ各種はあるが、エアロビ系はあまりない。サンドバックが下がっている格闘技系ルームでは、CombatやStep、Taekwondo、Kick-Boxingなどが行われている。1年間の会員費3480元(¥52200)なので、1ヶ月あたり¥4350ぐらい。11月は特別プロモーション中で2000元相当の特典がつくと言う。

さて、このジムの名前だが、耐力国際健身「Nairobi」と言う。(→httphttp://www.nlclub.cn/
なぜ南京でナイロビなのか聞いたところ、オーナーが元水泳選手で、ナイロビの語源であるマサイ語の「泉、大地をうるおすもの」という意味が気に入ったからだと言われたがホントかな?

PageTop

Because it’s China!

Two months passed.
The air has become cooler but not so cold. These days we have fine weather and mostly good days. Both my students and I are getting used to the way of our classes, and they have gone well so far. Now I know some important places for living and how to get to there. Subway directions are familiar and I can say which bus goes to where and how to ride one. Life here is easy but it is quite different from the way of your home country.


1) You should be very careful when you buy something.
I bought a DVD player last week at Carrefour which is a big French supermarket.It didn’t work well and I had to exchange it. I did sort everything out with my sweet students help. They all say, when you buy electronics, you have to check every single function with the power on in the shop before you go to cashier. They also say, when you buy clothes, you have to check the front and back and the inside and outside and every other possible place. Okay, so basically you have to inspect everything in a quite strict manner and that’s their common way to buy things here. Be fussy about every detail of what you buy so that you will become a proper shopper in China!  


2) Everything happens at the very last moment.
Today, it’s Wednesday, I got a call from my student around 5PM and he asked me to ask other teachers about what’s going on in his classes as he heard that they might have a field day on this Friday. So I did and found out they will have a field day and no classes on this Friday! I’ve never heard of a field day. When and who was supposed to inform me? The head of the Japanese Department said that she knew that today too and I would get the news from the chief by email probably tomorrow. It’s Thursday! Well, all of sudden the day after tomorrow, I don’t have classes. Okay. No wonder they didn’t have even a school calendar last year in this university. So you can’t make plans and organize as well as your home country. This is the way they do things. Any information about meetings, events and work matters come in a short time notice. If you like to have surprises constantly, come over here to work and we will have fun together!


3) You might need to be a little nosy?!
People here are very nice and kind but somehow there is little interaction between us. It’s not like they are unfriendly but it seems there are less eager to communicate and have mutual understanding. Last month we had a meeting, including all foreign teachers in our department for the very first time in the history of this unversity. This is partly because they treat us as “guests” and it’s lovely, but on the other hand, foreign teachers are often left in an information dessert. One of my neighbors guesses, they are “foreigntigue”. He made up this word, and which means people here are sort of tired of having communication with foreigners because they come and go every one or two years. If you have a nice friendship with them, then you will have a sadder farewell at the end. Isn’t it a very reasonable reason for them?
However, I’ve been here for two months as I mentioned and my poor contact teacher must be very tired of my many (and sometimes very weird) questions, that’s for sure!


 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。