南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南京大虐殺記念館

 今日は侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館へ行き、虐殺被害者を哀悼する集会に参加した。今年は南京大虐殺70周年で、約8000人が記念館平和広場に集まったという。日本人も300人ほどいたというが正確な数はわからない。私の前はウガンダ人男性、右隣は仏教僧、左隣は九州の日中友好協会から来たという人、後ろは知人の日本語教師が並んでいた。午前10時サイレンが鳴り響き、哀悼と平和への祈念のスピーチがあり、鐘が撞かれ、無数の鳩の群れが上空を舞っていった。
 チャイナ・ネットによれば、「1937年12月13日から1938年1月までの6週間の間に、中国侵略の旧日本軍が中国の同胞30万人以上を殺害し、南京市の3分の1以上建物を焼き払った。1994年以後、毎年12月13日、南京市民は集会を開き、哀悼イベントを行い、全世界の平和を祈っている。」昨年は改修中で閉館していたが、今年、新たに発見された被害者の遺骨を展示した別館もあわせて新装開館した。
 館内はかなり広く、映像も多く使われ、中国語、英語、日本語の三言語で展示がある。展示を見学しながら、あまりにも酷い行為に胸が詰まった。私は以前、ポーランドのオシビエンチム(アウシュビッツ)を見学したことがある。第二アウシュビッツと呼ばれる強制収用所跡にそのまま残っているバラックの一つに入った途端、背筋がゾクゾクして、恐怖を感じたのを覚えている。残忍な歴史の跡には強烈な力があって、私のような凡庸な人間にも揺さぶりかけてくるものがある。拷問、惨殺、略奪、強姦、人体実験などの被害者を思うと、言葉をなくす。当時の被害者も加害者も高齢になり、証言が聞けるのもあとわずかだろう。悲惨な歴史が風化されてしまうのは怖い。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。