南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『Little Miss Sunshine』

『Little Miss Sunshine』(2006年/監督Jonathan Dayton)

  笑えます。黄色いワゴンに乗ってミスサンシャイン・コンテストの会場へと向う一家。まともにエンジンがかからないので、一人ずつ走りながら飛び乗らないといけない。ミスサンシャインを目指す7歳のオリーブを中心に、バラバラでうまく機能していない家族がつながってゆく物語。父、母、兄、祖父、叔父―一ひとりひとりがユニーク。それぞれ問題を抱えている「困った」人たちで、とても共存できそうにないのにつながっているのが愉快。フライドチキンのディナーや父リチャードのモティベーションプログラムなど、浅薄なアメリカ文化のイメージがあちこちに出てきて、これまた笑えます。家族全員が個性的なキャラクターで、そのままで十分楽しいのに、その家族が美少女コンテストのような、順位付け競争に夢中になる構図自体が強烈な皮肉。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。