南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『Feast of Love』

『Feast of Love』 (2007年/監督Robert Benton)

There is a story about the Greek gods.
They were bored, so they invented human beings,
but they were still bored, so they invented love.
Then they weren't bored any longer,
so they decided to try love for themselves.
And finally they invented laughter,
so they could stand it.
 
 Morgan FreemanとGreg Kinnearが出ているので観ただけで、あまり期待していなかったのだが、拾い物だった。いい映画を観たと思った。登場人物たちは皆それぞれにひたむきに人を愛し、自分に忠実だ。不倫や離別もあり、傷ついて苦しむ姿が痛ましいが、それでも映画の中では新しい出会いがあり、変化があり、それぞれにふさわしい人生を静かに手に入れていく。映画は娯楽で、多くは作り話にすぎないが、疲れた人間につかの間の夢をみさせてくれ、心を軽くしてくれる。この作品には何気ないが心にしみる台詞がいくつもでてくる。以下は映画を観た時の私がしみじみ共感した言葉の一つ。
 
How do I make a change?
I can't go through this again.
Harry, I swear to God, I'll lose my mind.
 
Oh, shit Bradley, listen.
You just gotta stay alert.
Everything we need to know is going on right in front of our eyes.
Yeah, we have our illusions about people, our hopes, and they can blind us.
But the end is always right there in the beginning.
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。