南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

総統府

総統府 Presidential Palace


1912年に孫文が臨時大総統に就任したときの総統府。後に蒋介石も中華民国の総統に就任したものの、その翌年には共産軍との内戦に破れ、台湾に亡命。激動の時代の展示資料が沢山ある。当時の執務室や会議室などの他、防空壕なども見学できる。


総統府


見学後のご案内:
更に知識を深めたい方には、斜め前に現代的な建物の南京図書館があります。
買物したい方には、広場の向こう側にCarrefour(地下)の入り口があります。
一息つきたい方には、総統府のすぐ隣にStarbucksがあります。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

入場料は?

やはり中国は歴史・文化遺産の宝庫ですね。お天気もよく、秋の爽やかな風が写真とともに送られてきそう。
観光スポットは入場料とかとられるのかな?日本で鎌倉や京都で観光しようと思うと、結構お金がかかるものですよね。

uko | URL | 2006年09月21日(Thu)18:03 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。