南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Booming country, flocking people

What’s it like to live in one of the booming economies in the world?
Let me put it this way, it’s like you can hear it booming in your ears.
You are surrounded by noise more or less most of the time.
Sometimes you may suffer from construction noises even at midnight.
They don’t care if it is Saturday or Sunday. They work 24 hours a day.
They are relentless. Obviously there is no noise abatement regulation at all.
Now I know how they have built many modern buildings so quickly.
Rome was not built in a day but new China can be built in a night.


My apartment is not so bad noise-wise.
So I sleep well every night. Sometimes I sleep too well.
I am always afraid to over sleep especially on Monday and Friday.
Because on those days I have to get on the 7 AM shuttle bus to the satellite campus.
This means I have to get out of my apartment by 640 AM sharp.
It’s a 40min ride from here to there and the next shuttle bus comes 1 hour later.
So basically you can’t miss the bus.
When the bus arrives people, who are teachers, flock around the door and push to get on. Wow. You should not hesitate to do the same. Don’t worry, nobody thinks you are rude or ill-mannered if you do that. When in China, do as the Chinese do. Then you can get on the bus happily just like others.

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2006年09月25日(Mon)20:17 [EDIT]


中国のビルって竹の足場で建ててるでしょ?

Sanny | URL | 2006年09月26日(Tue)12:45 [EDIT]


思い出話

Booming country, flocking people読みました。バスに乗り込むときの様子、目に浮かびます。もう10年以上も前のことになりますが、八達嶺バスツアーに参加したときのことです。集合場所に行ってみると、観光バスらしきものは一向に現れず、回送になった路線バスがやってきました。バスのドアが開くと、同じように待っていた中国人たちは、一斉に乗り込み始めました。一瞬出遅れた私たちは座ることができずにつり革につかまっていました。「おいおい、路線バスツアーかよ。」と思ってゆられていたところ、10分くらいたつとバスは路肩に停車しました。おやっと思い横を見ると、そこには、観光バスが停まっているではありませんか。そうです。この路線バスは、観光バス乗り場までのシャトルバスだったのです。今度こそ出遅れてなるものか。私は、一番にはなれませんでしたが、座席を確保することができました。自分の席に腰を下ろし一息ついていると、前のほうで、若い女性が運転手に文句を言っています。どうやらこの人は、ダッシュが遅れて、補助席しか残っていなかったようでした。傍らには両親と思われる老人が2人立っていました。おそらく家族で長城見学するつもりだったのでしょう。結局3人は、バスを降りてタクシーを拾い去っていきました。そのときは、かわいそうだなというよりも、のろまなお前たちが悪いんだよという気持ちのほうが強かったように思われます。

みそまま夫 | URL | 2006年10月09日(Mon)21:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。