南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サイレン

今朝はよく晴れているが、気持ちが沈む。
先ほどからサイレンが鳴り続けている。今日は南京大虐殺の記念日である。


1937年12月13日、日本軍は南京に侵攻した。
海外では「Nanjing Massacre」あるいは「The rape of Nanjing」として広く知られている事件であるが、私は学校で教えられた記憶がない。本多勝一の著作によって知ったのが最初だったと思う。今はIris Changを読んでいるが、息苦しくなるのでなかなか進まない。日本軍の行った虐殺行為はただただすさまじく、想像を超える残酷さである。


南京市内には「侵華日南京大屠殺遇難同胞記念館」がある。今年は改修中で閉館しているため、私はまだ訪れていない。知人によれば、本日は集会があるらしく、元新聞記者の彼は「ちょっとのぞいてくる」と言っていたが、私は今日は外出する気になれないでいる。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006年12月14日(Thu)23:03 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006年12月17日(Sun)10:22 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。