南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DVD

知人が日本のTV番組をDVDに録画して送ってくれた。感謝。
クローズアップ現代、EVT特集など数本が入っている。早速プレーヤーに入れて再生してみた。日本のTV番組を目にするのは久しぶり。字幕がないので学生には聞き取りが難しいだろうが、いい教材になると思う。いつもよい教材を探して苦労しているので、こういう新しい映像はとても有難い。学生は日本のアニメやドラマはずいぶん観ているようだが、こうした報道番組はあまり観ていないので、新鮮なテーマを提供してくれると思う。教室で使うのが楽しみ。(これからも送っていただけたら非常に嬉しいし、他にも協力していただける方がいたら大変助かります。)

宿舎にはケーブルテレビが入っており、現在63チャンネルが楽しめるが、ひとつを除いて全て中国語で、日本語のチャンネルはない。私は日本にいてもあまりTVは見ないが、こちらにきてから全く見なくなった。TVがなくても困らないが、中には質のよいドキュメンタリーや肩のこらない科学番組など、面白いものもある。残念なことは、その数が極めて少ないことである。「公共の電波」が流しているのは、不思議なことにほとんどが商業主義に染まりきった、無駄どころか有害な内容のものばかり。一時サブリミナル効果が話題になったが、視聴者は意識しないうちにTV界の価値観を刷り込まれてしまう。どんなにくだらない内容でも娯楽は必要だと思うが、受け手にメディア・リタラシーがないと、人々、特に子どもたちは簡単に洗脳されて疑いもしなくなる。

TVで不思議に思うことは他にもある。グループで旅行に行ったり、誰かの家に集まったりすると、たいてい誰かがすぐにTVをつけることである。それは一緒に番組をみると言うのではなくて、まるでバックグラウンド・ミュージックのように流すのである。あれはなぜなのだろうか。TVに話題を提供してもらうためなのだろうか。誰かが話している傍でお笑い番組を眺めている人がいると、私はいい気持ちはしない。また私自身がTVに気をとられて、人の話を聞かなくなるのも好きではない。TVよりは好みの音楽を流したほうが落ち着く。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

ご無沙汰しちゃってごめんなさいね。久々に見たら12月からほとんど覘いていませんでした。慌しい毎日で、最近は疲れがたまっているのか、夜も早々と寝てしまってます。
4月になればもう少しゆっくりメールなぞも出来るはずなのでいましばらくはお許し下さい。
昨日辺りから私は喉を痛めてしまい、風邪菌に入られた模様。

an | URL | 2007年01月17日(Wed)19:04 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。