南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トレッキング

 ネパールへ来た目的は、トレッキングである。ネパール政府によれば6000m以上のピークを目指すのが登山で、それ以下の山歩きはトレッキングというらしい。ヒマラヤ山脈はダイナミックで、写真で見るのと実際に目にするのでは雲泥の差だ。ソル・クーンブ山域は、以前歩いたことがある。カラ・パタール(5545m)からのエベレストの眺めは最高だ。サウス・コルに雪煙があがるのがよく見え、ゾクゾクする。

 今回はアンナプルナ山域を歩いた。アンナプルナ東側から時計と反対周りにぐるっと一周するコース。村々にtea houseと呼ばれる山小屋があるのでテントは要らないし、ポーターが荷物を運んでくれるので、基本的な体力があれば十分。ただしトロン・パスは5416mあるので高度順化は慎重にすべし。5000mの高さになると、酸素は低地の約半分である。
 
 このコースのいいところは、ラムジュン、アンナプルナⅠ~Ⅳ、ガンガプルナなどの山々が観られるだけでなく、日々異なる風景を楽しめることだ。私は低地では袖なしのトップスで歩きだしたが、日を追うごとに着足していき、高所ではフル装備(冬山登山並)でも寒いほどだった。天気も晴雨雪あられみぞれ雹となんでもござれ。トレイルは整備されているのでアイゼンは要らないが、雪や氷に覆われている部分もあるのでスティックはあったほうがいい。
写真はトロン・パスでの記念写真。共に歩いた仲間とガイドたちの笑顔はちょっと小さくて見えないかな。

pasu.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

私は山といえば、近場のハイキングしかしないので、登山はもちろん、トレッキングも別世界!アンナプルナという名前を初めて聞いたのもpandacolaさんだったかも。インドネシアは日本と同じ地震国だけあり、高原でも温泉+ハイキングが楽しめたり、動植物の宝庫だったりという楽しみもありますよ。

uko | URL | 2007年03月08日(Thu)23:43 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。