南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パジャマ

 こちらの朝晩の運動習慣はすばらしい。公園はもちろん、学校のグランドや文化観光施設も朝晩は運動する人民のために開放され、空きスペースというスペースには多くの人が集団で運動をしている姿が見られる。太極拳だけではない。大音量で音楽をかけ、真っ赤な扇子をふりふり踊っているグループもある。かなり年配の老人たちも外に出てきて、噴水の周りなどでおしゃべりしながら両腕をぐるぐる回している。どこもかしこも人で一杯。毎日壮観である。
 
 驚くことは、後ろ向きに歩いている人が多いことである。知人によれば腰にいいそうだが、私にはそのメカニズムがよくわからない。さすがに後ろ向きで走っているいる人は見かけないが、かなり速いスピードで振り向きもせずバックで歩くのだから怖いもの知らずである。

 さらに驚くことは、パジャマを運動着、そして外出着にしている人が多いことである。学生たちがシャワー室から寮へ戻る際にパジャマなのはまだ理解できる。だが、フツーの公園に集まる人々の中に公然とパジャマを着ている人が多いのである。私は時々ヨガのクラスに行くが、そこにも堂々とパジャマで来る人がいる。男性の場合はパジャマどころか、トランクスだけの人もいる。日本語を教えていると「日本人のウチとソトの感覚」なんていうテーマもよく出てくるが、ここ中国のパジャマには「ウチとソトの感覚」なんていうものは存在しない。このパジャマ現象を「Very liberated!」と言った友人いたが、中国の改革開放は経済分野に留まらないのかもしれない。

 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

ひぇ~パジャマ姿は一年中見られるのかな。所変われば・・・ですが、中国人にも、日本人とは違ったつきあいのルールはあるでしょう。どこからどこまでが外出なのか。(^^;;)
それはともかく、ヨガのクラスに行ってるのね。私は近くのフィットネスクラスを覗いて、あまりにマッチョさに驚いてしまって以来、運動から遠ざかるばかり。

uko | URL | 2007年06月25日(Mon)22:28 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。