南京感想文 Nanjing scribble

突然始まった南京の暮らしを気の向くままに紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『覇王別姫』

  『覇王別姫/Farewell My Concubine/さらば、わが愛』(1993/香港)

 辛い境遇と厳しい修業を共に耐えぬき、やがて人気京劇役者となった蝶衣(レスリー・チャン)と小樓(チャン・フォンイー)。蝶衣にとって小樓は、兄、友、そして愛の対象だったが、小樓は遊女だった菊仙(コン・リー)と結婚する。盧橋溝事件、太平洋戦争、共産党革命、文化大革命と激しく変動する北京を舞台に、3人の人生を描いた作品。それぞれが、愛や誇り、芸を守ろうとするが、時代はそれを許さない。生き延びるために、ぎりぎりのところでお互いを裏切る姿が痛ましい。
 映画は幼い小豆(蝶衣)の6本目の指を母親が切り落とすところから始まる。蝶衣の人生はその後も「痛み」の連続だ。肉体の痛み。心の痛み。実生活でもバイセクシュアルだったと言われているレスリー・チャンが、蝶衣を非常にリアルに演じ、圧倒的な存在感を見せる。
 コン・リー演じる菊仙のひたむきさも印象的だ。執拗な客を振り切って遊郭の高欄から飛び降りる彼女を小樓が受け止める。高価な持ち物すべて、履いていた靴まで捨てて、小樓との生活に飛び込み、ひたすらに彼を時代の荒波から守ろうとする。子どもを流産し、小樓が人生の全てだった菊仙。文革のつるし上げにあった小樓が叫ぶ糾弾の言葉を聞いた時に見せた表情は「絶望」そのものだった。運命を受け入れろというメッセージが作品の中で繰り返されるが、痛々しくもそれと格闘している人間の姿には心を揺さぶられる。
 172分とちょっと長いが、見る価値のある作品である。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する check if you want only pandacola to see your comment
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。